ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

「福島、その先の環境へ。」対話フォーラム 知っていただきたい福島の課題があります。「除去土壌」のこれから。

知っていただきたい福島の課題があります。
除去土壌のこれから。

東日本大震災から11年。
福島の復興のために、今、知っていただきたいこと。
除染で発生した除去土壌等の再生利用、
県外最終処分に向けてみなさんと一緒に考えていく
「福島、その先の環境へ。」対話フォーラムを開催します。

除去土壌等の再生利用、県外最終処分とは

開催概要

開催日:2022年7月23日(土) 14:00 ~ 16:00(予定)
開催場所:広島国際会議場 地下2階「ダリア①」
(広島市中区中島町1-5(平和記念公園内))
主催:環境省
後援:株式会社広島ホームテレビ
参加費:無料(会場参加・オンライン参加とも) ※事前申込制

※会場での聴講は、新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて、全ての予定プログラムをオンライン開催に変更する可能性がございます。

本イベントにおける新型コロナウイルス感染症対策の実施について

プログラム(予定)

環境再生事業等についての説明

環境再生事業等の状況や今後の課題などを説明します。

対話セッション

一般の方から寄せられた御質問や御意見について、参加者と登壇者で一緒に考え、意見交換を実施します。

※なお、開会前に、動画「福島、その先の環境へ。」を上映予定です。

登壇者

環境大臣 山口 壯

高村 昇氏
長崎大学原爆後障害医療研究所 教授
東日本大震災・原子力災害伝承館 館長

開沼 博氏
東京大学大学院情報学環准教授

田代 聡氏
広島大学 原爆放射線医科学
研究所 所長

高橋 慶彦氏
元プロ野球選手・野球評論家・野球指導者

佐藤 亜紀氏
HITOkumalab
(ヒトクマラボ)代表

画像:土居 健太郎氏

土居 健太郎
環境省 環境再生・資源循環局長

画像:室石 泰弘氏

室石 泰弘
環境省 参与

申込締切

会場参加:2022年7月22日(金)18:00
オンライン参加(コメント投稿可):2022年7月23日(土)12:00

「参加お申し込みはこちら」からお申し込みください。

【定員】

会場参加:定員100名程度
オンライン参加(コメント投稿可):定員1,000名程度
オンライン参加(視聴のみの場合):制限なし

会場参加者は応募多数の場合は抽選とさせていただきます。オンライン参加は先着順にてお申込みを承ります。オンライン参加者も定員に達しました場合、予告なく募集を終了する場合があります。

  • 「会場参加」「オンライン参加(コメント投稿可)」「オンライン参加(視聴のみ)」の3種類の参加方法がございます。
    当日は、「会場参加」又は「オンライン参加(コメント投稿可)」に御参加いただいている皆様から、大臣ほか登壇者に御質問等をいただく時間を設けています。
  • 時間の都合上、御質問いただいた内容にお答えできないことがありますので、予め御了承ください。
  • 「オンライン参加(視聴のみ)」では、当日ライブ配信される映像の視聴が可能です。「オンライン参加(視聴のみ)」は事前の申し込みは必要ありませんが、当日登壇者に質問いただくことはできません。

    ※新型コロナウイルスの感染状況により、全面オンラインでの開催とさせていただく場合があります。この場合、「会場参加」の方もオンラインにてご参加いただくこととなります。

ライブ配信

当日の様子はYoutubeでライブ配信します(予定)。

「オンライン参加(視聴のみ)」では、当日ライブ配信される映像の視聴が可能です。
「オンライン参加(視聴のみ)」は事前の申し込みは必要ありませんが、当日登壇者に質問いただくことはできません。

※イベント開始時に配信を開始いたします(配信開始までは再生できません)。

本イベントにおける新型コロナウイルス感染症対策の実施について

新型コロナウイルス感染症対策のため、以下の症状がみられる方は、来場を御遠慮ください。

  • 37.5度以上の発熱
  • 息苦しさ(呼吸器症状)
  • 強いだるさ(普段にない強い倦怠感)
  • 断続的に生じる咳

入場に際しては、受付にて体温測定を実施しております。
37.5度以上の発熱がある方については、原則、入場をお断りさせていただきます。(その場合もご来場に係る交通費の返金は行いません。)

また、以下にご協力ください。

  • マスク着用
  • 手指消毒への協力
  • 会場内での飲食禁止

ご理解とご協力をお願いいたします。

本イベントでの取り組み

新型コロナウイルス感染症対策のため、スタッフも以下の対策を行っております。

  • 手指消毒
  • マスク着用
  • 会場換気
  • 定期的な会場内消毒

福島環境再生 バーチャルツアー

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

ページのトップへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。