ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

いっしょに考える「福島、その先の環境へ。」シンポジウム

基調講演
「福島の復興と再生可能エネルギーのちから」

登壇者:

  • 飯舘電力株式会社 顧問・会津電力株式会社 会長
    佐藤 彌右衛門(やうえもん)

第2部の基調講演では、飯舘電力株式会社 顧問・会津電力株式会社 会長の佐藤彌右衛門氏に「福島の復興と再生可能エネルギーのちから」をテーマとして、福島第一原子力発電所事故後に再生可能エネルギー発電事業に乗り出した背景や、飯舘電力株式会社の創設の経緯、これからの再生可能エネルギーの展望についてお話いただきました。

「福島の復興と再生可能エネルギーの未来」
プレゼンテーション

登壇者:

  • 小泉進次郎環境大臣(※オンライン)
  • 丸山桂里奈(※オンライン)

「福島の復興と再生可能エネルギーの未来」プレゼンテーションでは、小泉環境大臣より再生可能エネルギー(以下、再エネ)を利用するメリットや可能性をお伝えしました。
いま福島県も県産再エネ電気の利用促進の取組を始めたところです。環境省では、2030年までにすべての施設を再エネ100%にすることを決定し、さらに福島県や東京の環境省の一部施設においては、2021年度の電力を福島県産の再エネ電気100%で調達することとしました。また、会津若松市や郡山市とも再エネ連携協定を結んでいる神奈川県横浜市は、東北で発電した再エネ電気を市内の企業に供給する実証事業を始めるなど、自治体間の連携も進んでいます。
さらに、自治体や企業だけでなく、一般家庭も再エネ電気に切り替えることで、福島県の復興を支援できる「被災地応援でんき」の取組もご紹介し、再エネ切替を通じた復興支援を呼びかけました。

※「被災地応援でんき」とは
家庭の電気を「被災地応援でんき」に切り替えることで、電気料金から100円を被災地にある再エネ発電所に毎月寄付することができる、一般社団法人LOVE FOR NIPPONが開始した取組。
URL:https://minden.co.jp/personal/lfn/

再エネ電気切替デモンストレーション

登壇者:

  • 一般社団法人LOVE FOR NIPPON 代表 CANDLE JUNE
  • 丸山桂里奈(※オンライン)
  • なすび
  • 環境省森里川海アンバサダー・
    一般社団法人the Organic 代表理事
    小原壮太郎(※オンライン)
  • 小泉進次郎環境大臣(※オンライン)

このパートでは、小泉大臣のプレゼンテーションで紹介された被災地応援でんき」に取り組む一般社団法人LOVE FOR NIPPON 代表 CANDLE JUNE氏のレクチャーによる再エネ電気切替デモンストレーションが行われました。
CANDLE JUNE氏からレクチャーを受けたのは、元サッカー女子日本代表で、東京電力女子サッカー部マリーゼに所属中に福島第一原子力発電所での勤務経験もある丸山桂里奈様と、福島市出身で、東北地方の復興を願って青森県から福島県まで続く「みちのく潮風トレイル」のルート900kmを徒歩で踏破するなど、精力的に復興支援活動に取り組んでいるなすび様です。
お二人はCANDLE JUNE氏から説明を受けながら、デモ用タブレット機で再エネ電気への切替を体験しました。申込に必要なのは、検針票とクレジットカードのみです。「被災地応援でんき」のホームページにアクセスし、①メールアドレスの入力、②氏名、住所等の申込情報の入力、③クレジットカード情報の入力、④福島県内の発電所の選択という、わずか4ステップの操作だけで5分足らずで「被災地応援でんき」に切り替えられることに感嘆していたお二人。
解約手続きは新たに契約した電力会社が行い、電線やメーターも現状のものを引き続き使用できるため、付け替え工事は基本的に不要で、利用者側の負担が少なく、スムーズに切り替えられます。
「電力会社の倒産や災害等により、電力の安定供給に影響はないのか」という丸山さんの質問には、CANDLE JUNE氏が「電力の安定供給は契約する電力会社ではなく、送配電会社に確保する義務があるため、どの電力会社を選んでも変わりません」とお答えし、お二人とも再エネ電気切替に当たって感じていた不安が解消されたようでした。

環境省森里川海アンバサダー
小原 壮太郞

コメントを読む

タレント
丸山桂里奈

コメントを読む

タレント
環境省福島環境・未来アンバサダー
なすび

コメントを読む

一般社団法人
LOVE FOR NIPPON 代表
CANDLE JUNE

コメントを読む

小泉進次郎環境大臣

コメントを読む

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

ページのトップへ戻る

サイトのご利用案内ここまでです。