ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ

ここからグローバルナビです。

グローバルメニューここまでです。

ここから本文です。

リプルンふくしまとは?

見て、触れて、学べる ふくしまの環境再生 リプルンふくしま 特定廃棄物埋立情報館

2011年3月11日。

東日本大震災により日本はかつてない甚大な被害に見舞われました。
東京電力福島第一原子力発電所の事故で放射性物質に汚染された土壌や廃棄物が
大量に発生したことも、そのひとつです。

いまもなお県内各地に保管されている除去土壌や特定廃棄物などを
国が責任をもち、県や市町村と協力しながら
できるだけ早く、安全に、確実に処理を進めています。

福島の環境再生と復興への歩みを、
県内の人をはじめ、日本中、世界中の人に伝えていきたい。
地元の方々の毎日のくらしを、安心できるものにしていきたい。

その想いで生まれたのが、「リプルンふくしま」です。

一歩ずつ前に。
この歩みを、福島の未来にしっかりとつなげていくために。

環境省

施設概要についてはこちら

名称について

地域に密着し、地元のみなさまをはじめ、子どもからお年寄りまで、すべての利用者の方に広く親しんでいただけるような施設になるよう、施設の名称を公募しました。

受賞作品

応募者情報

佐瀬 卓也さん (福島県/男性/46歳)

応募作品

「リプルン福島」

名称の意味・理由

再生・復興の想いをこめた「Re-produce(リ・プロデュース)」と「~する」の造語で「リプる」。その「リプル」という造語を、より親しみやすくするため語尾に「ン」を付けています。

公募結果概要・審査について

応募期間

2018年3月1日(木)~ 30日(金)

応募件数

応募件数 295(応募人数 131名)

名称選定の経緯

施設の名称について一般公募を行い、選考の結果「特定廃棄物埋立情報館リプルンふくしま」を施設名称として決定しました。

応募方法

応募ハガキ、専用サイト、メール、FAX ※1名で複数案申込可

ロゴマークについて

施設名称をもとに、ロゴマークをデザインしました。環境再生の始まりとなる「タネ」や復興に向けて歩む「足跡」をコンセプトとしています。

リプルンふくしま 特定廃棄物埋立情報館

本文ここまでです。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。