放射性物質汚染廃棄物とは

東京電力福島第一原子力発電所の事故により大気中に放出された放射性物質による環境の汚染が生じました。
これによる人の健康又は生活環境に及ぼす影響を速やかに低減するため、平成23年8月30日に「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」(平成二十三年八月三十日法律第百十号。以下、「放射性物質汚染対処特措法」)が公布されました。(平成24年1月1日に全面施行)

放射性物質に汚染された廃棄物について

放射性物質を含む廃棄物は、放射性物質汚染対処特措法に基づき国が処理をする対策地域内廃棄物指定廃棄物、廃棄物処理法に基づき自治体や廃棄物処理事業者が処理をする通常の廃棄物に分類されます。

放射性物質を含む廃棄物(特定廃棄物)

対策地域内廃棄物(旧警戒区域・計画的避難区域内)

指定廃棄物(8,000Bg/kg超)

一部、特定一般廃棄物・特定産業廃棄物

ページ最上部へ