南相馬市仮設焼却施設

仮設焼却施設の状況

  • この仮設焼却施設は、南相馬市における津波がれき、被災家屋等の解体に伴い発生する廃棄物及び住民の方々が片付けを行って廃棄されたごみ(片付けごみ)、除染作業に伴い発生する可燃性廃棄物及び農林業系廃棄物を焼却処理し減容化を行うもので、国が建設する施設です。
  • 平成28年12月に代行処理が完了したことから、これまで代行処理を行っていた焼却炉においても2号炉として同様の廃棄物の処理を行います。
  • 処理予定量は、286,200トン程度です。
    ※焼却予定量は、想定であるため、今後変動の可能性があります。
対象物 津波がれき 施設規模 400t/日
被災家屋等解体物
片付けごみ 焼却開始月 平成27年4月
その他

生活環境影響評価

生活環境影響評価については下記のPDFをご覧ください。

※仮設処理施設の設置に当たっては、「対策地域内廃棄物処理計画」において、廃棄物の処理及び清掃に関する法律第8条第3項の規定に準じ、周辺地域の生活環境に及ぼす影響についての調査を実施することとされています。

空間線量率

平成26年度

平成27年度

平成28年度

焼却灰等の放射性物質濃度

地下水等の放射性物質濃度

維持管理状況

現地の様子

現地の様子を写真で見ることができます。

  • 平成27年3月 仮設焼却施設

※マウスカーソルを写真にあてると撮影年月と場所が表示されます。
 クリックすると拡大表示されます。

運営協議会

環境省は、対策地域内廃棄物等処理業務(減容化処理)を適正に推進するため、地元住民及び自治体、県と「運営協議会」を設置しています。

協議会では

  • (1)仮設焼却施設等で行う災害廃棄物処理事業に関する情報交換及び協議
  • (2)仮設焼却施設等の建設工事、解体工事等に関する情報交換及び協議
  • (3)その他災害廃棄物処理事業等の適正な運営を図るために必要となる事項の協議

を行っています。

報道発表資料等

ページ最上部へ